レイクでお金を借りるメリット・デメリットとは

新生銀行カードローン「レイク」は、口コミでも、申込みから融資までのスピードが早い銀行カードローンとして人気が有ります。

 

一般的に銀行カードローンは審査時間が長く、融資まで早くて数日以上かかることも珍しくありませんが、レイクはもともと消費者金融だったので、そのデータやノウハウ、システムをそのまま利用しているので、審査スピードが早く、即日融資が可能な銀行カードローンとなっています。

 

また「レイク」はメリットの多い銀行カードローンとして人気が有りますが、メリット以外にデメリットもあります。もし「レイク」の利用を考えているのなら、メリット・デメリットを理解してから申込む事をおすすめします。

 

レイクとは

貸金業法の改正前、「レイク」は消費者金融でしたが、消費者金融は2010年の貸金業法の改正で完全施行となり、グレーゾーン金利の撤廃や、総量規制で融資限度額に制限が加えられたことから、大打撃を受けます。

 

「レイク」もその例にもれず、経営が苦しくなる中、データやシステム、ノウハウ、店舗や人員を含め、すべてを新生銀行に譲渡しました。その時から消費者金融「レイク」は新生銀行カードローン「レイク」として生まれ変わりました。

 

レイクのスペック

「レイク」は金利4.5%~18.0%、融資限度額は最大で500万円までとなっています。

 

申込条件は、

  • 満20歳から70歳までの原則安定した収入のある方
  • 保証会社(新生フィナンシャル㈱)の保証が受けられる方

なら、パートやアルバイト、派遣社員の方でも安定した収入があれば申込が出来ます。

 

メリットその1、総量規制の対象外

銀行カードローンは総量規制の対象にはなりません。もちろん限度額の設定はありますが、審査に通れば年収の3分の1以上の借入が可能です。また、収入証明書類の提出も100万円以下なら不要で、消費者金融と比べて緩くなっています。

 

総量規制が無いから審査緩いと言うわけではありませんが、他の銀行に比べて、審査に関しては緩いと評判の「レイク」です。

 

メリットその2、2つの無利息期間から選べる

初回契約時の人に限られますが「レイク」の無利息期間が利用できます。

 

無利息期間は2種類用意されていて、ひとつは契約完了時に借入金額の全額を30日間無利息期間が利用できる方法と、5万円以下の借入なら180日間の無利息期間どちらかが選べます。

 

このサービスは、既にレイクと契約をした事のある人に対しては適用されないので、サービス期間を過ぎてしまった人は、適用されないので注意が必要です。

 

たとえば、契約後10日に借入をすると、無利息期間は残り20日になります。また無利息期間内に借入れをして、返済が無利息期間から10日後になると、10日分は通常の利息が加算されることになります。

 

メリットその3、銀行カードローンでは数少ない即日融資が可能

 

「レイク」の即日融資は、ホームページから申込む方法と自動契約機から申込む方法、電話での申込になります。

 

インターネットからの申込は基本的に振込融資になるので、当日振込を希望する場合は、平日の14:00までに、申込と必要書類の確認の完了を済ませる必要が有ります。

 

また、自動契約機からの申込は、平日・土曜日は8:45~24:00まで、日曜祝日は8:45~22:00まで、毎月第3日曜日は8:45~19:00までが営業日となっているので、ほぼ365日即日融資で借りる事が可能です。

 

最も良い申込方法は、ホームページから申込と仮審査を済ませ、自動契約機へ行って、本審査を受ければ無駄な時間を使わずに契約ができます。即日融資はネット申込をして、自動契約機でカードを受け取る方法がおすすめです。

 

  1. デメリットその1、金利が高め

    「レイク」の金利は、銀行カードローンの平均が13.0%~15.0%なのに対して、上限金利が18.0%と高めの設定になっています。ただ、金利が低くなればなるほど、審査が厳しくなると言われているので、「レイク」のような高めの金利設定がされているという事は「借り易い」と言うことが出来ます。

  2.  

  3. デメリットその2、専業主婦は利用できない

    「レイク」は銀行カードローンなので、総量規制は関係ありません。銀行カードローンの中には、専業主婦専用の商品が用意されているカードローンもあり、無収入の専業主婦も利用できるようになっています。

     

    「レイクは専業主婦が借入することが出来ない」というのもデメリットと言えます。

 

レイクをおすすめする人

「レイク」は、初めてレイクを利用する人で「毎月1~5万円は返済する予定で、借りても30万円くらいまでしか借りない」という人になります。

 

つまり、「レイク」の金利は高めなので、高額融資を希望する人は他の銀行ローンをおすすめします。

 

「レイク」なら消費者金融カードローンに抵抗がある方でも、銀行ローンの安心感や高い信頼感が得られるので、安心してキャッシングが始められます。