審査時間も早く、最短でお金を借りるなら消費者金融からお金を借りることがおすすめです。大手消費者金融なら、すべてで即日融資が可能になっています。

 

即日融資の申込方法も多くの申込方法が用意されているので、自分の都合に合わせた申込方法が選べます。

 

大手消費者金融でお金を借りるメリット・デメリット

貸金業法の改正前はサラ金と呼ばれ、あまり良いイメージはありませんでしたが、貸金業法改正後はイメージも大きく変わり、銀行と同じように消費者金融でお金を借りている人が増えています。今日の大手消費者金融は「安心してお金を借りられる金融機関」としての存在感を確立しつつありますが、消費者金融でお金を借りる際のメリットとデメリットはあります。

 

一番のメリットは借り易さ

大手消費者金融の一番のメリットと言えば、審査が柔軟で簡単なことから「銀行に比べてお金が借りやすい」事です。一般的に、大手消費者金融の審査は、銀行の審査に比べると緩いと言われています。実際「銀行カードローンの審査には落とされたけれど、消費者金融でお金が借りられた」と言うような、大手消費者金融で借りられた人たちの口コミ体験談は少なくありません。この事は審査通過率の面から見ても解ります。

 

また、大手消費者金融の審査が通りやすいかは審査通過率が30%台~50%弱と言う数字を見れば分かりますこの通過率は申込をした人の2~3人に一人は審査が通って、お金が借りられたという結果で、銀行の審査通過率0~30%と比べると大きく違いがあります。

 

これらの事から「確実にお金を借りたい」という人にとって、消費者金融の審査の柔軟さは大きなメリットになると思われます。

 

即日融資で借りられるメリット

次に大手消費者金融の大きなメリットと言えば365日「即日融資」で借りられると言うメリットです。大手消費者金融の全てで、審査が最短30分で終わるスピード審査を可能にしています。審査時間が早いと言うことは、融資までの時間に余裕が生まれる為、即日融資を可能にしています。

 

即日融資で借りる場合は、平日の午後2時くらいまでに契約を完了していれば、当日中に振込融資をして貰えます。また、この時間帯に間に合わなくても、全国に設置してある無人契約機を利用すれば、銀行の営業時間外や土日・祝日でもお金が借りられるのも大きなメリットといえます。

 

  1. デメリットのひとつは金利の高さ

    大手消費者金融のデメリットになるのは、銀行カードローンに比べて金利が少し高い事です。銀行の平均金利は年4%台~15%台ですが、大手消費者金融のほとんどが、年利4%台~18%となっています。上限金利を見ると明らかに大手消費者金融の金利が高い事になります。

     

    そして、金利が高い分だけ、大口融資を長期で借りると、金利負担はかなり重く、デメリットになってしまいます大手消費者金融を利用する時は「小口融資で短期借入」が理想的な借り方になります。

  2.  

  3. 総量規制外の対象になる事のデメリット

    消費者金融のもう一つのデメリットは、総量規制の対象になるという事です。総量規制で、消費者金融や信販会社がお金を貸す時は年収の3分の1までしか融資できない事になっています。その為、すでに年収の3分の1までを借りている人は、新たな借入が出来ない事になります。また、消費者金融で借りる時は、年収がなければ融資が受けられないので、無職の専業主婦は融資が受けられないというデメリットがあります。

 

ちなみに、銀行カードローンは総量規制の対象外なので、現在、年収の3分の1までお金を借りていても、審査に通れば新たな借入が可能な事や、年収に影響されないので、一部の銀行カードローンは、無収入の専業主婦に融資をおこっています。

 

総量規制はお金を借りる上で制約があるので、大手消費者金融を利用する方にとって、デメリットになります。

 

安心してお金を借りたい!どこで借りるべきか?

今日の大手消費者金融は、かつてのサラ金のようなネガティブなイメージはまったく無く、「安心してお金を借りられる金融機関」としての存在感を確立していると言って良いと思います。

 

初めての人は大手がおすすめ

これから初めてキャッシングをする人は、まずどこで借りるかを決めなければなりません。業者を選ぶ方法として、安心してお金が借りられるのは、テレビコマーシャルなどで名前のよく知られた大手消費者金融を選ぶ事をおすすめします。大手なら知名度が高く、多くの人に知られているので、評判を悪くするような事はありません。

 

テレビCMで放送しているのは、大手消費者金融と呼ばれる「プロミス」や「モビット」「アコム」「アイフル」などがあります。

 

特に「プロミス」や「アコム」は電話での対応が良く、分からない事や不安な事なども丁寧に教えてくれるので、はじめてお金を借りる方に人気があります。

 

必要以上に借入が出来ないので安心

消費者金融で借りられるお金は、年収の3分の1以内と決まっています。さらに、金利は法律でも決まっているので、金利を高くする事はできません。

 

実際に申込をするとわかりますが、はじめて借入を申込んだ場合の借入限度額は、10万~20万円に設定されることがほとんどなので、最初からいくらでも借りられるという事はありません。「必要最低限の借入しかしない」という心掛が大切ですし、必要以上のお金を借りる事は出来ないようになっているので心配する必要はありません。

 

銀行でお金を借りる

最近では銀行カードローンを扱っている銀行も増え、メガバンクから地方銀行、信用金庫などでも小口融資向けのカードローンを取り扱っています。

 

しかし、銀行カードローンは、一般的に言われているように、

  • 「消費者金融に比べ審査が厳しそう」
  • 「申込みしたいけど審査に通るか不安」

といった声もありますが、実際のところはどうなのでしょう。

 

銀行カードローンは保証会社の審査で決まる

銀行カードローンと消費者金融の違いは、保証会社の有無です。銀行カードローンのほとんどが、保証会社の審査を通過しなければ借入ができない事になっています。

 

銀行カードローンの保証会社は、主に同じグループ内の大手消費者金融や信販会社が保証会社となっていて、仮に申込者が延滞や債務整理などを起こした場合は、保証会社が銀行へ残金を代位弁済し、それ以降は保証会社が債権者になり、債務者への請求や回収は保証会社がおこなうようになります

 

銀行カードローンのメリットは金利が低い

銀行カードローンは消費者金融と比べて、金利が低いという事がメリットです。審査にとおれば低い金利で、高額融資が受けられます。高額融資を受ける時は、金利が大きく影響してきますが、大手消費者金融の上限金利は18,0%と、「プロミス」の17.8%を除いて、同じ金利設定となっています。

 

銀行カードローンの金利は、それぞれの銀行が独自の基準で金利を決めているので、大きな違いがあります。最も低いカードローンは年利0.99%~7.99%、融資限度額は最大で1,000万円という商品があり、審査に通ればこのようなカードローンでお金が借りられます。

 

ただ、一般敵に銀行カードローンは、金利が低い事からそのリスクを避ける為、金利が低くなればなるほど審査が厳しくなります。銀行カードローンへ申込むのはある程度のステータスがなければ、低金利のカードローンを利用するのは厳しいと言えます。

 

正社員がお金を借りる

カードローンを申込むと必ず審査がありますが、審査で重要視されるのは「返済をする能力があるかどうか」です。ですから、正社員のように給与が安定している人は、過去に延滞履歴などのような金融事故がなければ問題なく審査は通ります。

 

ただし、消費者金融の場合、総量規制によって、融資限度額は収入の3分の1までしか借りることができないので、年収に関係なく融資を受けたい方は、総量規制対象外である銀行カードローンがおすすめです。

 

正社員なら多くのキャッシング会社から選ぶ事が出来る。

 

正社員なら「安定した収入がある」という事をクリアしているので、申込が出来るカードローン多くの会社から選べるので選択肢が広くなります。

 

選択肢が多い分、迷うかもしれませんが、低金利の銀行カードローンや、無利息サービス、即日融資で借りたい場合は、審査や融資スピードが速い大手消費者金融など、自分の状況に合わせた、一番条件の良いところが選べます。

 

アルバイト・パートの人がお金を借りる?

パートやアルバイトで収入を得ている人が、キャッシングでお金を借りる時の絶対条件となるのが「安定した収入」がある事です。週何日以上というような決まりはありませんが、週に何回か決まったシフトがあり、毎月一定金額の収入が見込めることが前提になります。

 

ただ、勤務日数が極端に少ない人や、日雇い労働のように不定期な場合は、安定した収入と認めてもらえる可能性は低いです。

 

収入が有っても借入が難しい場合がある。

 

これはパートやアルバイトに限った事ではなく、すべての申込者に共通する事ですが、安定した収入が有るからと言って、必ずしも融資が受けられるとは限りません。

 

審査で厳しくみられるのは、

  1. 他社で多額の借入があり、すでに融資を断れている場合
  2. 消費者金融で借りたい場合はすでに年収の3分の1まで借りている場合
  3. 一度に複数社へ申込をしてしまう事

などの場合は融資を受けるのが厳しくなります。

 

パートやバイトの場合、正社員と較べて収入の安定がないと見なされる場合もあるので、銀行カードローンへ申込をするより、審査に通りやすい大手消費者金融へ申込む事をおすすめします。

 

派遣社員がお金を借りる

「お金を借りたいけれど派遣社員だから無理かな?」と思い込んでいる方がおられますが、結論からいうと、派遣社員でも大手消費者金融や銀行カードローンが利用できますし、即日融資で借りることも可能です。

 

申込条件

消費者金融や銀行カードローンで申込が出来るのは、満20歳以上で継続的して安定した収入があれば申込が出来ます。ですから、すでに派遣社員として一定期間以上働いていて、安定した収入がある人なら、消費者金融でも銀行カードローンでも申込することは可能です。

 

申込の際に注意しなければならないのが、キャッシングの申込をすると、審査で必ず「在籍確認」があるという事です。「在籍確認」とは、申請書に記載した職場に、申込者がきちんと勤務しているかどうかを確かめる事で、一般の正社員なら勤務先に電話が掛かり、本人がそこで働いている事が分かれば在籍確認は完了します。

 

ところが、派遣社員の場合は実際の職場は派遣先ですが、登録は派遣元の派遣会社なので登録会社の方に在籍確認をすることになります。登録先で申込者の在籍確認ができれば問題はありませんが、派遣会社のなかには個人情報の保護を理由に、応じてくれない場合も結構あるようです。在籍確認ができなければ融資を受けることは出来ないので、たとえば「クレジットカードの申込をしたので電話が有るかもしれない」と一言申し出ておく必要があります。

 

派遣社員の借入はキャッシング会社によって厳しい事もある

条件さえ揃っていれば申込は出来るのですが、申込先が心配するのは、派遣先との契約が切れてしまうと、「無職になってしまう可能性がある」という事から、審査が厳しいキャッシング会社もあります。いくら収入が多くても審査に通らないとか、借入れ希望額を書いても融資限度額がかなり低めになるというように不利になる事もあります。

 

キャッシング会社によっては一般申込より低めの評価になる場合もあるようなので、口コミなどで借入先の情報を調べてみる必要が有ります。

 

事業主がお金を借りる

 

事業を営んでいると、常に資金繰りは頭の痛い問題になると思います。特に個人事業主の場合は、安定的な借入先の確保は容易ではないと思いますが、消費者金融で事業資金を調達している個人事業主の方も少なくありません。

 

銀行借入れより消費者の利用が多い

日本貸金業協会が公表しているアンケート調査では、借入れ経験のある事業者に対して、「今後新たに借入れが必要になった時、どこに申込みをするか?」というアンケートに対して44.1%が消費者金融、43.6%が銀行という結果が出ています。

 

理由としては、「審査が早いので、緊急の借入れができる」が62.8%と最も高く、次いで「無担保で借入れができる」というのが41.9%、「保証人が不要」と言う理由が33.8%となっています。

 

消費者金融の事業者ローンを申込む

消費者金融の事業者ローンはフリーロンよりも低金利で利用できることや、審査に通れば100万円から1,000万円までというような高額融資も可能です。事業者ローンは事業資金以外に何に使ってもよいという利便性が有り、融資限度額の範囲内なら追加申込をしなくてもいつでも何度でも利用できます。

 

「事業者ローン」は即日融資も可能なキャッシング会社もあり、何らかの事情で予定していた資金回収が遅れそうな時でも、余裕を持って融資が受けられます。

 

申込に必要なもの

「事業者ローン」を申込む時は、本人確認書類(運転免許証や健康保険証、パスポートなど)のいずれかひとつと、収入証明書類として源泉徴収票や納税証明書、確定申告書などが必要です。その他、申込先によっては、追加資料の提出を求められる場合もあります。

 

申込方法

申込方法は店舗窓口や電話で申込む方法や一般申込と同じようにインターネットから申込む事も可能です。インターネットを利用して申込む方法は、仕事の合間や自宅に帰ってからでも24時間どこからでも申込ができる便利な申込方法です。

 

申込をするとすぐに審査がおこなわれ、審査から契約まで短時間で終わるので、決められた時間内に終われば、その日に申込みをしてその日のうちに借りられる場合もあります。事業を続けていると、資金回収が遅れるということもよくあります。そういった時のためを考えて、前もって申込をしてみてはどうでしょうか。

 

19歳の未成年はお金を借りられる?

キャッシングの申込は満年齢20歳以上のところがほとんどです。しかし、19歳でも借りられるキャッシングという事で調べてみると、ゼロではありません。

 

カードローンが借りられない理由

キャッシングの利用条件に、20歳以上という制限がある場合が多いのは、カードローンの契約をする事自体が、法的に無効になる可能性があるからです。

 

法律では未成年と契約を結ぶという行為そのものが無効になります。

 

ただし、親などの保護者、親権者の同意があれば可能な場合もありますが、親が知らないうちに未成年が契約をしている事がわかれば、その契約を取り消すことが可能なので、そういったトラブルを避ける為に申込は満20歳以上としています。

 

19歳でお金を借りる方法

一つ目はクレジットカードでお金を借りる事は可能です。クレジットカードの申込条件が18,9歳のところが有ります。クレジットカードにはショッピング機能以外に、キャッシング機能が利用できます。キャッシング機能でお金を借りられるので、19歳の人でも親の同意が得られればキャッシングは可能です。

 

またろうきんの「マイプラン」なら

  • 満年齢18歳異常65歳未満の方で、該当する地域に居住・あるいは勤務している方
  • 同一勤務先に1年以上、または営業3年以上の個人事業主・家族従業員
  • 年収は税込150万円以上

の人が融資を受けられます。即日融資には対応していませんが、ろうきんの金利は銀行金利よりも安く借りられるので、借入先の候補としておすすめします。

 

学生はお金を借りられる?

結論から言うと、学生がキャッシングでお金を借りるには、アルバイトなどで安定した収入が有れば借りられます。

 

安定した収入が有る事

「安定した収入」とは、継続して収入があるという意味で、学生の場合はパートやアルバイトで得た収入も、安定した収入がある事になります。少なくともある程度の期間、続けて勤続している事や、毎月ある程度の収入が続いていることが条件になります。

 

「ある程度」とは、一般的に毎週5日程度で、勤務時間が20時間程度の契約が出来ていればパートやアルバイトでも借入は可能なようです。

 

年齢満20歳以上の学生

次に「学生であっても20歳以上であること」が条件になります。消費者金融や銀行カードローンは、融資対象条件に年齢制限を設けています。多くの場合は満20歳以上65歳~70歳未満となっているので、学生かどうかを問わず20歳未満の人は融資が受けられないので注意が必要です。

 

即日融資を申込む時の注意点

学生が即日融資で借りる為に、注意しなければならない事があります。

 

たとえば

  • 現在、複数の金融業者からすでに融資を受けていると借入が難しくなる事
  • 過去の借入で3カ月以上の滞納があると借入は難しくなります。

また、特に多いのがスマホの分割払いを何度も延滞した事が有るという場合も、審査に通りにくくなります。

 

こうした情報は、解らないだろうと思っている学生もいますが、信用情報機関によって共有されているので、金融会社なら簡単に調べられます。継続した安定収入があって貸出条件を満たしていても、このようなマイナスポイントがあれば即日融資は難しくなるので、日頃からの注意が必要です。

 

無職の人はお金を借りられる?

キャッシングでお金を借りる時は審査が有ります。審査では「貸したお金が返せるか」という事を重要視しているので、基本的は収入のない無職の人は借りられません

 

絶対借りられないという事はない

しかし、学生や専業主婦と言うような無職の方もいますが、こういう場合は決して借れないわけではありません。

 

無職の学生が借りられるカードローンもある

学生がお金を借るには、アルバイトなどで安定した収入があれば、消費者金融でも銀行カードローンでもお金を借りる事が出来ます。しかし、アルバイトをしていない無収入の学生の場合、融資を受けられるところは限られています。三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は親の同意が必要ですが、限度額10万円まで借りる事が出来ます。

 

また、東京都民銀行の「大学卒業予定者ローン」や静岡ろうきんの「就職内定社応援ローン」は、内定して勤務先が決まっている新卒内定者向けのローンがあります。

 

東京都民銀行の「大学卒業予定者ローン」は金利8.8%、融資限度額50万円まで、申込年齢は20歳~30歳までの内定が有る大学新卒者になっています。

 

もうひとつの静岡ろうきんの「就職内定者応援ローン」は3年以内ならの返済なら金利2.50%。返済期間が3~10年の場合は3.70%、融資限度額100万円まで、申込年齢は18~30歳未満の方で、静岡県在住または静岡県内の企業へ就職が内定している新卒者なら申込が出来るので、これらのローンも併せて検討してみる価値はあります。

 

無職の専業主婦が借りる場合

消費者金融で借りる場合は、年収がなければ借りられませんが、それ以外に「配偶者貸付」を取り入れている消費者金融なら借りる事が可能です。

 

ただし、「配偶者貸付」は配偶者の同意を得なければならない事や、申込は配偶者の名義になるので「主人に内緒」という借り方は出来ません。

 

無職の専業主婦がお金を借りる方法として、配偶者に収入が有れば、銀行カードローンで融資が受けられます。ただし、どこの銀行でもと言うわけにはいきませんが、専業主婦専用のカードローンが用意されている銀行なら、融資を受ける事が可能です。

 

まとめ

消費者金融のテレビコマーシャルは毎日のように流れていますし、街を歩けばあちこちで広告を見かけます。消費者金融の利用者は、現在1,400万人を超えていて、日本人の10人に1人が利用している計算になります!

 

これは、消費者金融は「手軽にお金を借りられるようになっている」という事の証ともいえます。広告に有名人を起用したコマーシャルは、消費者金融の存在を身近に感じられ、不安を取り払うことにも利用されています。大手消費者金融なら、法的に金利が定められていますし、違法な金利の請求もまずありません。

 

消費者金融がここまで多くの人に利用されるのは、安定した収入があれば、簡単に申込が可能で、大手消費者金融は、すべてが即日融資に対応しています。審査は最短30分程度で終わるので、申込をしたその日にお金が借りられるという利便性に人気があります。審査に通るかどうか不安が有る方や、今日中にお金を借りたいという人は、大手消費者金融なら安心して利用できます。